マカロン
HOME
最新情報 ブランドコンセプト 商品紹介 店舗情報 オンラインショッピング
マカロン

1968年東京都生まれ。青山「シャンドン」を経て、91年に単身渡仏。 パリ「ジャン・ミエ」、「レストラン メディテラネ」、スイス「レストラン ジェラルデ」でキャリアを重ねる。 96年、フランスのシャルルプルースト杯味覚部門で優勝。 98年、パリにアトリエ開設。パリ市内のサロン・ド・テやレストラン、ホテルなどにプティ・フールやアントルメを中心としたお菓子を提供、 さらにパリコレクションでは数々の一流グランメゾンにお菓子を提供し、大きな話題に。 2001年パリ6区サンジェルマンに念願の店舗「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」を開店。03年にはパリ5区に2号店、 パリ9区のギャラリー・ラファイエット内にコーナーをオープン。08年にはパリ15区に4店目を開店。 その商品のモダンさと同時に昔ながらの伝統的な納得の味と地元っ子に喝采を浴び、今では誰もが認めるフランスのパティシエとして、その人気は定着。 日本では、05年3月に東京・丸の内に1号店をオープン、06年新宿伊勢丹店、07年六本木の東京ミッドタウン店、12年渋谷ヒカリエShinQs店、13年JR名古屋タカシマヤ店、 14年には福岡の岩田屋本店を開店。現在6店舗を構える。07年、ルレ・デセール(世界最高の菓子職人の組織)のフランスメンバーとなる。 11年、フランス最優秀パティシエ受賞、農林水産省料理マスター受賞、サロンデュショコラアワード受賞、パリ市長賞受賞。 フランストップ5ショコラティエに選出される。15年、昨年に続きサロンデュショコラの品評会において最高位である「LES INCONTOURNABLES」を受賞。現在、世界で最も注目される日本人パティシエの一人。



農作物がいまだ工業化していないフランスでは、市場に並ぶ果物は全てが旬で完熟の状態。味が濃厚で香り立つ品々ばかり。
それは果物がもつ素材本来の美味しさで満ち溢れています。
サダハルアオキのお菓子作りに対する姿勢とは、そのただでさえ美味しい素材に、改めて手を加えることによって、
2つの異なるテイストで3倍美味しく味わってもらうこと。そして食べた人に、そのひと時を心の底から喜んでもらうこと、
それがサダハルアオキの存在理由です。



サダハルアオキは、週3日、フランスの胃袋といわれるランジス市場へでかけます。その時期その日に最もおいしい素材と出会うため。素材を決めてから、サダハルアオキのその日のお菓子作りのプランが決定します。
素材の美味しさを際立たせるために、これまで培ってきた菓子作りのテクニックを幾重にも発揮します。そこには見栄えを彩るための余分は飾りつけは無用です。それがサダハルアオキのスタイル。
余計なものを削ぎ落としていく負のミニマリズムというよりも、手を加えることによって、素材の本質的うまさに向けてさらに味を研ぎ澄ませていく。あくまで本質の追及を目指して行う足し算のミニマリズムと言えるかもしれません。
「新素材主義」。
素材本来のうまさを引き出しそして研ぎ澄ます。それがサダハルアオキのお菓子づくりです。




マカロン
会社概要 マカロン プライバシーポリシー マカロン 特定商取引法に基づく表示 マカロン リクルート マカロン 広報 マカロン パリ本店
マカロン

Copyright (C) 2009 Pâtisserie Sadaharu AOKI paris. All Rights Reserved.
マカロン