News 新着情報

2018.10.24

メディア情報

青木シェフも参戦!自動車レース「ラ フェスタ ミッレミリア」

ミッレミリア01ミッレミリア02ミッレミリア03ミッレミリア04
クラシックスポーツカーの祭典、「La Festa Mille Miglia(ラ フェスタ ミッレミリア)」。
この度このレースに青木シェフが参加し、10月22日無事にゴールを迎えることができました!

1927年イタリアで発祥したこの祭典は、1000マイル(ミッレミリア)を走ることから名付けられた自動車レース。
日本では1997年より始まり、今年で21回目を迎えました。

今回青木の相棒となったのは、ポルシェミュージアムが所有する「356 1500スピードスター」。
かつて、主にモータースポーツで活躍したというクラシックカーです。

10月19日、レースの幕開けは東京原宿・明治神宮から。
コースは、東京から福島、宮城、山形、栃木、千葉と巡り、東京まで戻る約1400kmの道のり。
各所にある全スタンプポイントの通過、また、設定された時間内の走行を競い合い、ゴールを目指します。

クラシックカーに刻まれた長い歴史に想いを馳せながら、また、各地で出会う地元の方々の熱い声援に支えられ、
4日間に亘るレースの結果、青木は100位中77位で無事ゴール!
無類の車好きの青木にとって、今回のレースには特別な思い入れがあったよう。
得も言われぬ達成感と、心地よい疲労感に包まれ、青木の挑戦は幕を閉じました。

<青木シェフコメント>
「 憧れのポルシェジャパン社からレース参加のお話を頂き、今年2度目のポルシェイベントへの参加でした。
今回、私が運転させていただいたのは、普段はドイツのポルシェミュージアムに展示されている、
1955年製の映画トップガンでも出てきたスピードスター1号車でした。
ドイツからは、ミュージアム館長、コレクションカーリーダー、メカニックの方々総勢10名で来日して、
めったにお目にかかれない4台のコレクションカーで参戦しました。
イタリアを本場とするLa Festa Mille Miglia が日本で開催されるようになって今回で21回目の開催となり、
正章さんが会長を務めるこの大会は、東日本震災以降やっと福島に戻れた事もあり、参加者の方々もとても楽しそうに走っていました
4日間に亘り移動をしながらその町々の人々と触れ合い、温かい会話を繰り広げ、
さらには厳しいタイムを正確に刻むラリーが行われました。
大雨が降りチェックポイントにたどり着かなかった事もありましたが、無事に4台共ゴールすることが出来ました!
車を愛する200越えの皆さんと時を共に出来た素晴らしい時間でした。」

<ポルシェジャパン オフィシャルサイト>
https://www.porsche.co.jp/pip/drivingartist/

 

 

Boutique 店舗情報

店舗一覧

その他の取り扱い店舗

銀座三越地下2階フロアマップ
  
Il Brio A New Experience in Italian Cuisine